FC2ブログ


なぜ名前を呼ばなかったのか?(2)
ファンタジーの世界で「名前」は、相手を支配する事ができるほどの「力」がある。
その為、日常では本当の名は使わず通り名を使うほど。もちろん現在の私達の世界でもヴァッシュ達の世界でも名前にそんな力はない。それでも名前を呼ぶと言う行為は、相手と親しくなろうとする第一歩である事に変わりはない。

ヴァッシュは、ミリメリに対してずっと自分に関ると危険だからと避けていた。その間「保険屋さん」「君達」「お前たち」と名前を呼ばなかった。けれど真に危機が迫った時、初めて真正面から二人に向き合い、彼女達の名前を呼んだ。
続きを読む
スポンサーサイト



【2009/03/08 13:09】 | TRIGUN | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
なぜ名前を呼ばなかったのか?(1)
昨日、見つけてしまった「TRIGUN the 2nd DUNUT ・HAPPY PACK」。ひっさしぶりに聞いて、曲ばかりだと思っていたら途中途中に声優さんたちのショートドラマと言うか、コント?が入っていてこんなだっけ?と聞き進むと、こんなでしたね(笑)

最後の方の話しでヴァッシュとウルフウッドのかけあいがあって「なぁ、ウルフウッド」「なんや、ヴァッシュ」と何回も繰り返す所があったのですが、ここで違和感発生!

・・・原作の中でウルフウッドがヴァッシュに向かって名前を呼ぶのって1回しかないんです。出会ってから逝くまでたったの1回。その他は「トンガリ」「お前」「おんどれ」「おどれ」・・・。

「なぜウルフウッドは、ヴァッシュの名を呼ばなかったのか?」
以前はこんな事、微塵も疑問に思わなかったこの私。「NARUTO」にはまって、すばらしい方々の考察を読ませていただいたおかげで「考える」と言う楽しみを持てるようになった事に感謝しますm(__)m (続く)

続きを読む
【2009/03/08 11:35】 | TRIGUN | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
名コンビ
昨日まで「トライガン」から抜け出せず暇さえあればちら見していた私^^;
さすがにぼろぼろ泣きはなくなりましたが(笑)

読んだ方はお分かりの通り、作者はヴァッシュとウルフウッドをルパンと次元のような名コンビにしたかったはずです(随所にルパンへのオマージュが挟み込んでありますし)。そしてそれは成功しています。
命がけの修羅場で背中を預けあい、言葉を交わさずとも、視線を合わせる事さえなくても連携プレーができるほどの信頼。
意図しているのかいないのか、ヴァッシュは赤いコート、ウルフウッドは黒のスーツですし。

「カリオストロの城」は大好きですが、私にとっての「ルパン三世」は、やはりハードボイルド色の強い「あしーもとにぃー絡みーつく、赤いー波をぉー、けぇーってー」のルパンです(笑)

ルパンを筆頭に次元、五右衛門、銭形・・・男達はあくまでかっこよく、不二子はセクシーで悪女で・・・そういう彼らが最高!
中でも好きなの断然、次元!煙草くわえてるキャラに弱いのは彼のせいでしょう(爆)
【2009/03/05 11:08】 | TRIGUN | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
原作ありき
時々なんて言っておきながらまた「トライガン」です^^;
と言うのもネットで過去のトライガンネタをあちこち見ていたらアニメ版から「トライガン」に入り原作に馴染めなかった人達・アニメ派と原作派の同人界における対立!と言う記事があってびっくり。
「トライガン」同人誌は2冊しか出さず、他のサークルさんとの交流を一切しなかった私は、全然まったくそんな事知りませんでした(爆)


続きを読む
【2009/03/03 11:56】 | TRIGUN | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マンガの底力
先日久しぶりに「トライガン」「トライガン・マキシマム」を読んで気がついた。全14巻のマキシマムを5巻までしか持ってないじゃん自分^^;
「アワーズ」をずっと買っていたので、もちろん最終話まで読んではいたのですが、この頃から熱が下がってたのね・・・。こりゃいかんと6巻~10巻までを購入し読む。ああっ!やっぱりいいよ!ヴァッシュ&ウルフウッド!私はこの二人が一緒にいる所&共闘いを見るのが、心底好きだと再確認!

アニメから入った「トライガン」だけどやっぱりマンガの方が断然いい!すでに読んでいるのに10巻でのウルフウッドの闘いと死・・・彼の生き様、死に様・・・ヴァッシュの悲しみ・・・もう涙ぼろぼろ&鼻水かみながらじゃなきゃ読めない・・・。マンガの底力をがつんと叩き込まれた感じ。
続きを読む
【2009/03/03 11:18】 | TRIGUN | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ